Q & A

不動産の売却を考えていますが、最初に何をすればよいのでしょうか?

まずは、不動産の査定を行なうことをおすすめします。
査定とは、その不動産がいくら位の金額で売れそうか、売却予想価格を調べることです。
エステートジャパンでは、メールでご依頼いただける無料査定サービスを行なっており、複数店舗にも依頼ができますので便利です。 お気軽にお申込みください。

売却するときは査定価格で売らないといけないのですか?

必ずしも査定価格である必要はありません。
しかし、お客様にご提示した査定価格は不動産のプロとして客観的に物件を評価し、周辺の相場や長年蓄えたノウハウをもとに「この価格なら売れるだろう」と思われる適正価格を算出したものです。
査定価格を大きく上回る金額で売りに出されると、売れるまでに長い期間を要したり、結局査定金額を下回る額でしか売れなかったというケースもございます。
売りに出される金額は、エステートジャパンの営業スタッフとよく相談して決定されることをおすすめします。

 

売却した代金は、いつもらえるのでしょうか?

ケースバイケースですが、ご売却代金は、契約時と引渡し時の2回に分けて支払われることが一般的です。
その内訳は契約時に5~10%程度、引渡し時に残りが支払われるケースが多く見られます。
ご契約から引渡しまでの期間は、エステートジャパンの営業スタッフが、売主様と買主様の間に入り調整をさせていただきます。
売却するときどんな費用が必要ですか?また、税金もかかりますか?
売却費用として「仲介手数料」や「抵当権抹消費用」「契約印紙代」等がかかります。 また、売却によって利益が出ると「譲渡所得税」「住民税」がかかります。 (特別控除が受けられる場合があります)

 

家の買い替えを計画していますが、どんなことに注意すればよいでしょうか?

家の買い替えでは、売却と購入のタイミングを揃えることに気をつけることが重要です。
特に、新築物件を購入する場合、入居までの時間が長くかかりますので、すぐに売却してしまうと、仮住まいが必要となり余計な出費が出てしまいますので要注意です。
しかし、逆に入居が近くなってから売却しようとすると、売却に時間がかかり想定よりも販売価格を下げる必要がでたりすることも考えられます。
エステートジャパンでは、ひとりひとりのお客さまに合った売却プランをご提案させていただきますので、お気軽にご相談ください。

 

不動産登記とは?

不動産登記は、不動産ごとの所有者や権利関係を一般に公開することで、取引の安全を図る役割を果たしています。
登記をすることで第三者への対抗力を得ることが出来ます。

 

不動産取得税とは、どのような税金ですか?

不動産取得税は、不動産(土地や建物)の所有権を取得したときに、取得した方が県に納めていただく税金です。
取得とは、登記の有無や、有償・無償を問わず、また売買・贈与・交換・寄付・建築(新 築・増築等)などの原因の別も問いません(ただし、原因が相続の場合は除きます)。

 

売却するために必要な手続きは?

国土交通省が定めた標準媒介契約約款に基づき、売り出し価格・売却活動期間などを記載した媒介契約を、お客様と当社との間で締結していただきます。
また、売主様が知っているご売却不動産の状況や買主様に引渡す設備の状態等について「物件状況等報告書」と「設備表」にご記入いただきます。
なお、売主様ご本人様であることを確認するため、権利証または登記識別情報通知書の確認をさせていただき、本人確認手続きを取らせていただきます。

投資用物件のご相談

投資用物件
ページ上部へ戻る